« 2012年3月18日 朝霧の谷川線 | トップページ | 2012年3月20日 春分 »

2012年3月19日 最終登園

飯田ルーテル幼稚園へ登園中

昨日はあたたかい一日でしたが、予報に反して、幾度となく降るにわか雨に翻弄されました。

今朝は気持ちの良い快晴。気温も高めで、今春卒園の長男はコートも着ず元気に出かけて行きます。

今日が最後の通常登園。明後日には卒園します。

飯田ルーテル幼稚園には、姉弟3人、ちょうど10年間お世話になりました。

この幼稚園は、1911年(明治44年)にフィンランドの婦人宣教師が中心となって設立された、長野県内の長い歴史ある幼稚園のひとつです。
飯田地区では、多くの幼稚園が認定こども園へ移行して、現在地区唯一の幼稚園でもあります。

全国にルーテル幼稚園はいくつもございますが、ここは福音ルーテル教会にとっても特別な幼稚園として扱われています。

開園百周年を迎えた一昨年には、フィンランドからアーチビショップのユッカ・パールマ大司教とフィンランド日本大使を迎えて祝典が開かれました。

明後日の卒園式も、お天気に恵まれそうです。そして、来月には、晴れて小学一年生。
月日の流れは早いもの。一日一日を大切に過ごしたいものです。


次女も参加する「APPLE ROCKERS JAM VOL.4」が次の日曜日(4月25日)と迫っています。

連日練習に明け暮れる毎日で、お姉ちゃん子の長男が退屈そうにしているので、塾の合間の長女もつき合ってくれて、昨日は飯田動物園までお散歩して来ました。

飯田動物園は、現在ペンギン舎と遊戯施設を改修工事中です。工事は3月末に完了の予定となっています。

新しくなるペンギン舎は、水中でのフンボルトペンギンの様子も見られるように改装されると聞いています。

てっきりペンギン舎は新しくなっているものと勘違いしていて、テンションが高かった長男は少し不満そうでした。

動物園へ向かう途中、常盤町(ときわまち)の三吉野さんで長女はあやめ団子、長男はみたらし団子を一串ずつ買って食べ歩き。

動物園では、羊の毛のストラップのワークショップに長女が参加して、ひつじのショーンそっくりのストラップを完成させました。

にわか雨を避けて、知久町通りのアーケードではひつじのショーンのコレクションを置いている電気屋さんを見つけたり、駅前の新京亭でゆるゆるラーメンを楽しみました。

中央交差点に新しくできた美術ギャラリーWAREMOKO「吾亦紅」で、魚田一人さんの彫刻作品を眺めて締め。
そこで、長女が通う学校の美術の先生(版画家)の個展「小島敬介銅版画展」の開催を知りました。
3月17日から3月25日日曜日まで、高森町牛牧のミュージックアートカフェクイーン(長野県道15号線沿い)で開催中です。

飯田には飯田市美術博物館という立派な美術館もございますが、吾亦紅やカフェクイーン、そしてJR飯田駅前にあるスーパーマーケットのピアゴ4階にも、アートギャラリーが開設されていて、地域の芸術家の作品の発表の場になっています。

お散歩には最適な季節となりました。花見とあわせてアート巡り、そしてスイーツ探訪など、飯田の町はいろいろな面白味に満ちていますよ。


飯田やまびこマーチウォーキング大会開催に伴い、4月20日金曜日、21日土曜日のシングルルームは満室となっております。あらかじめご承知置きくださるようお願い申し上げます。
お二人部屋、三人部屋はまだ余裕がございます。

|

« 2012年3月18日 朝霧の谷川線 | トップページ | 2012年3月20日 春分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年3月19日 最終登園:

« 2012年3月18日 朝霧の谷川線 | トップページ | 2012年3月20日 春分 »