20thツアー・オブ・ジャパン南信州ステージ観戦

5月25日木曜日、恒例のツアーオブジャパン自転車ロードレース南信州ステージが、ここ飯田市で開催されました。
1495799322188.jpg
しとしとと雨が降り続く生憎の空模様ですが、風はありません。
前日までの真夏日から一転、梅雨寒のような涼しさです。
1495799323375.jpg
飯田市はチーム右京のTOJサポーターです。
監督の片山右京さんが、小さな子どもたちの応援に応えています。
1495799324523.jpg
1495799325551.jpg
1495799326497.jpg
JR飯田駅前をスタートして、下久方地区の周回コースでレースが始まりました。
1495799327416.jpg
飯田では人が集まれば焼き肉をして親睦を深めます。
TOJでも焼き肉しながら、選手たちに声援を送ります。
1495799328081.jpg
焼き肉ブースと呼ばれる観戦エリアはどなたでもウェルカム。
バイクカメラだって、焼き肉に舌鼓なのでした。
1495799328886.jpg
レースは、はじめに飛びだした逃げ集団とメイン集団に分かれていました。
しかし、南信州ステージは高低差の大きな山岳コースのため、周回を重ねる間にメイン集団が分断し、最終周回では第二グループが逃げを完全に吸収して、集団のゴールスプリントで勝負が決しました。
1495799329933.jpg
表彰式の頃には雨も一時的にあがって、ずぶ濡れだったウェアも乾きました。

今年からゴール前の東側が入場規制されたため、ゴールの応援エリアがかなり縮小されてしまいましたが、雨のおかげで大した混乱はありませんでした。

レースは日曜日の東京ステージで決します。
今日の富士山ステージを、昨年同様の驚異的タイムで駆け上ったチーム右京のオスカル・プジョル選手が、今年も総合優勝の栄誉を勝ち取りそうな感じです。

南信州ステージも制して、これまでで3勝をあげた、NIPPOヴィーニファンティーニのマルコ・カノーラ選手は21歳のイケメン。
今後の成長が楽しみですね。
日本人選手たちも頑張れ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第18回ツアー・オブ・ジャパン­南信州ステージ観戦

ツアー・オブ・ジャパン­自転車ロードレースは、世界のトッププロチームも参加する国際大会です。

明日の東京(第7)ステージが最終日となります。

飯田市では、南信州(第4)ステージが木曜日に開催されました。

第18回ツアー・オブ・ジャパン­南信州ステージ観戦

平日開催の地方大会とあって、コース沿道ではのどかにバーベキューなどをしながら観戦するのが定番スタイルです。

地元ケーブルテレビ局は、レースの生中継をインターネットへストリーム配信しています。
地元ラジオ局もFM放送で実況していますので、スマートフォンやラジオでレース状況を把握しながら観戦できます。

スタート前の選手の皆さんと気軽にふれあえるのも、地方大会ならではです。

監督さんやチームスタッフに声を掛けて応じていただければ、チームテントで選手にサインをいただいたり一緒に写真を撮っていただけたり。選手の皆さんも気さくな方ばかりです。

今日は伊豆修善寺、明日は東京大井に応援に出掛けましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第18回ツアー・オブ・ジャパン­南信州ステージがスタート

さわやかな快晴のもと、第18回ツアー・オブ・ジャパン­南信州ステージがスタートしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月23日 第15回ツアー・オブ・ジャパン南信州ステージ

ツアー・オブ・ジャパン(TOJ)が2年振りに長野県飯田市へ帰ってきました。

今年は文字通りの暑い戦いを、選手と一体になって実感しました!

第15回ツアー・オブ・ジャパン南信州ステージ


昨夜は、TOJを観戦に来られたお客様や取材のお客様がお泊りになりました。

火曜日の雨の中、美濃より自転車で自走されてこられたお客様もいらっしゃいました。
Vitesse -Serotta - Feminin の山下由起子選手です。堺ステージから最終日の東京ステージまで、自走で観戦ツアーを敢行する取材中とのことでした。

南信州ステージは見事な快晴で、以後、東京ステージまで天気が良さそうなのは幸いです。
無事、今週のツアーを完了して、来週のツールド熊野でも、遺憾なく実力を発揮されることをお祈りしております。


ツアー・オブ・ジャパンはこれから後半戦。地元の福島晋一選手が率いるトレンガヌ・プロアジアの快進撃が始まることを期待しております。

是非、皆さんも贔屓のチームや選手たちの応援に、会場へいらしてください。
そして、自転車ロードレースの醍醐味をご堪能ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月7日

Dsc01440

朝からしとしと雨が降っています。七夕のジンクス。
予報より早く降り始めましたから、出店で賑わう頃には止んでくれると良いのですが。

今週からフランス一周自転車ロードレースの「ツール・ド・フランス」が始まっています。
先週末にTBS系列の「世界ふしぎ発見」で、イタリア一周自転車ロードレースの「ジロ・デ・イタリア」が特集されました。その中でも「ツール・ド・フランス」が紹介されたようです。

日本で自転車のプロレーサーと言うと、競輪を思い浮かべる方がほとんどでしょう。
しかし、ヨーロッパでは、自転車ロードレースはサッカーと並ぶほどの花形スポーツです。一握りではありますが、自転車ロードレースのトッププロは、サッカーのトッププロと年俸もそれほど違いがありません。

自転車ロードレースのトッププロを目指して頑張っている日本選手も沢山います。中でも、「ふしぎ発見」でも紹介があった別府史之選手は、日本チャンピオンでもあり、アメリカのプロサイクルロードチームに所属してヨーロッパのメジャーレースで活躍しています。
一昨年は「ツール・ド・フランス」の最終日で、敢闘賞を獲得する力走を見せました。

フランスのチームでは、石垣島出身の新城幸也選手がいます。彼もまた昨年、一昨年と「ツール・ド・フランス」に出場し、日本人でもゴールスプリントで上位をねらえることを示しました。
昨年の「ジロ・デ・イタリア」では、第5ステージ(5日目)に3着という高結果を残しています。
新城選手は、4年前に在籍したチーム梅丹本舗GDRエキップアサダ時代、この飯田市に住所がありました。
オフシーズンに街道練習をする姿を何度も見かけました。山岳練習中に山で行き会ったり、一緒に走らせてもらったことや、夕食をご一緒させていただいたこともあって、とても親近感のある選手です。

イタリアのチームには、昨年の全日本チャンピオンの宮澤崇史選手が参加。高い評価を受けています。
宮澤選手もチーム梅丹本舗GDRエキップアサダに在籍していたこともあって、日本にいらっしゃった頃はパーティへお誘いしたり、子供たちと応援に行くと声をかけてくださったりしました。

日本での自転車ロードレースは、10月に宇都宮市で開催されるジャパンカップが有名です。
10年ほど前に宇都宮市で行われた自転車ロードレース世界選手権を記念して、毎年開催されています。ヨーロッパの一流チームも招待されるビッグレースです。
プロの自転車ロードレースは、主催者が諸経費持ちでチームを招待するのが一般的なのです。

ジャパンカップは1日だけのワンデーレースですが、ツール・ド・フランスのような複数日開催のツアーレースも日本で開催されています。

5月のツアー・オブ・ジャパン、そして9月のツールド北海道が最も規模の大きなツアーレースでしょうか。
それでもツール・ド・フランスのように3週間もの長いレースではなく、5日間ほどでゴールします。ヨーロッパでもシーズン中なため、トップチームの来日はありません。

ツアー・オブ・ジャパンでは、南信州ステージがここ飯田市で開催されます。
今年は福島第一原子力発電所の放射能漏れ事故の影響で海外チームのキャンセルが相次ぎ、中止になったと聞いております。

写真は、2008年のツアー・オブ・ジャパン前に試走に来られたチームNIPPO・エンデカが当宿へお泊まりになった時のものです。
この時は、井上和郎選手、清水良行選手、ガローファロ選手、ミオリン選手そしてマッサーの宮島さんがご宿泊なさいました。
今シーズン、チームNIPPOはヨーロッパを拠点に活動しています。チームNIPPOに所属する菊池誠晃選手は飯田市にお住まいです。また、小森亮平選手も飯田市に活動拠点を置く自転車ロードレースチームのボンシャンス飯田出身でもあって、応援しています。


ボンシャンス飯田を主催する福島晋一選手は、日本を代表する自転車ロードレース選手でもあり、プロチームの「TERENGGANU PRO-ASIA CYCLING TEAM」を率いています。
宮澤崇史選手、新城幸也選手をはじめ、多くのプロ選手が手本とし、そして慕っている偉大な選手の一人です。
今月、福島選手が飯田市で走行会を開いてくださるようです。福島選手のブログに注目してください。

今週末は蒸し暑くなりそうですが、自転車で山へ行くには悪くない天気予報です。
是非、南信州飯田市でサイクリングをお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月2日 週末はサイクリング日和

20110607

今日明日は昼間の雨は無いようです。
今週はじめのような猛暑は一休み。気持ちのよいサイクリング日和です。時間があれば大平街道へ走りに行きたいところですが、内視鏡手術後0.5%の方が出血する可能性があるとのことで一週間は運動を控えるように言われています。時間は取れそうだけどちょっと難しいかな。

写真は6月7日の大平です。大平の集落跡を過ぎて、南木曽町方面へ大平峠(木曽峠)のアプローチに入るところになります。

そろそろモリアオガエルの産卵が始まる頃でしょうか。
今日の時点ではすでに満月も過ぎて、街道脇の池の周りには、モリアオガエルの泡の卵塊を見ることができると思います。

この街道は飯田市知久町通りの西端を起点に、飯田峠と大平峠の二つの峠を越えて南木曽町の国道256号線まで約30kmで結ぶ長野県道8号線です。

平均的な道幅は乗用車1.5台分と狭いのですが、この時期は大平での民泊体験などで大型バスの通過もございます。

しかしながら、おしなべて交通量はとても少ない街道です。
沿道は木々が繁って木陰が多く、沢もたくさんあって冷風が吹き下ろしています。夏でも涼しく、自転車で上るには絶好のコースだと思います。

大平街道(長野県道8号線)は、飯田の町からすぐにアプローチできる手頃なヒルクライムサイクリングコースとしてとてもお勧めいたします。

対向車にはくれぐれも注意されて、ヒルクライムサイクリングで飯田市大平の自然を満喫してください。


民宿若松では、自転車旅行のお客様や、自転車をトランスポートされていらっしゃるお客様のサポートも可能です。
スポーツバイクを室内でお預かりするほか、各種メンテナンスのご相談にも応じることができます。
専用工具もある程度そろえてございますので、お気軽にお問い合わせください。

夏のサイクリングを是非、南信州飯田で楽しんでみませんか?

しらびそ峠、御池山隕石クレーター、遠山郷下栗をはじめ、南信州のおすすめサイクリングコースに関しても、お気軽にお問い合わせくださいませ。
サイクリングコースガイドブックの執筆経験もある民宿の旦那です。懇切丁寧にご案内いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第1回 全日本実業団サイクルロードレース in 南信州松川

2010年7月31日、8月1日の二日間の日程で第1回全日本実業団サイクルロードレース in 南信州松川が実施されます。

日時:2010年7月31日 土曜日
    午後1時30分 BR-1スタート(20周80km:午後4時ゴール予定)

   2010年8月1日 日曜日
    午前8時30分 ERスタート(15周60km:午前10時ゴール予定)
    午前8時32分 FRスタート(10周40km:午前10時ゴール予定)
    午前11時00分 TRスタート(20周150km:午後3時ゴール予定)

場所:長野県下伊那郡松川町 2784-1(スタート/フィニッシュ地点)
   JR飯田駅より14km

コース図 全日本実業団自転車競技連盟

| | トラックバック (0)

第4回全日本実業団サイクルロードレースin飯田大会

2008年9月28日に第4回全日本実業団サイクルロードレースin飯田大会が実施されます。

日時:2008年9月28日 日曜日
    午前9時34分 BR-1スタート(10周115.0km:午後1時10分ゴール予定)
    午前9時30分 BR-2スタート(6周69.0km:午前11時36分ゴール予定)
    午後1時24分 BR-3スタート(4周46.0km:午後2時55分ゴール予定)
    午後1時20分 女子スタート(3周34.4km:午後2時35分ゴール予定)

場所:今田平グラウンド(スタート/フィニッシュ地点)

コース図 全日本実業団自転車競技連盟

また、前日の27日土曜日には、関連イベントとして「信毎自転車フォーラムⅡ」が行われます。
自転車ツーキニスト疋田智さんのトークライブはじめ、パネルディスカッションなどが予定されています。
観覧には参加券が必要ですので、ご希望の方は上記リンク先へお問い合せください。

| | トラックバック (0)

12th TOJ 4th stage 福島晋一選手

2008年ツアー・オブ・ジャパン南信州ステージゴール後の梅丹本舗GDRエキップアサダ福島晋一選手のインタビューの模様。

| | トラックバック (0)

12th TOJ 4th stage 新城幸也選手

2008年ツアー・オブ・ジャパン南信州ステージゴール後の梅丹本舗GDRエキップアサダ新城幸也選手のインタビューの模様。

| | トラックバック (0)